・オンラインストア
・店頭受取(ご予約)
・珈琲豆の定期便
・土と木ととは
・お店について
・原材料など
・インスタグラム
・お問合わせ
・珈琲を淹れよう
・冷珈琲を淹れよう
・土と木と便り
土と木と便り


2022年3月号


まだまだ家の周りは根雪が残っていますが、 吹く風はもう冬ではなく春の匂いと湿度を感じます。 根雪の下でフキノトウや福寿草が芽吹く準備を始めている気配も!

先日、通販で注文してくださった方から連絡がありました…。 「私はポーランド在住17年になります。日本に住んでいる両親に珈琲豆を注文しました…」と。 その方は昔から店主のSNSでの言葉に共感してくださっていたようで、 ポーランドから注文してくれたそうなのです。

私達の住んでいる場所は北海道にある遠軽という小さな町で お店はオープンから今日まで大きな宣伝をすることもなく自分たちのペースでやっています。 町の人達でさえまだまだ知らない方もたくさんいる中で SNSを通して当店を知ってくださる方はとても多く、沖縄や九州や関西、山陽地方、 関東、東北など全国各地からご注文を頂いております。

ひと昔前では決して実現しなかった人と人とのつながりがSNSによって生まれ、嬉しい化学反応を引き出してくれていることを実感しています。

そして、お知らせです。 素材にも美味しさにも人一倍こだわったお菓子屋さん 徳島県阿波市の「小麦屋chantchant」さんで、 土と木との珈琲を飲んで頂くことが出来るようになりました。 店頭で珈琲豆を量り売りで買うことも出来ます。 お菓子やピザやパンは通販で購入することも出来ます。

「土と木と小麦屋chantchantと」

味にも素材にもこだわったお菓子と 自家焙煎の香り豊かな珈琲の物語…お楽しみください。