・オンラインストア
・店頭受取(ご予約)
・珈琲豆の定期便
・土と木ととは
・お店について
・原材料など
・インスタグラム
・お問合わせ
・珈琲を淹れよう
・冷珈琲を淹れよう
・土と木と便り
土と木と便り


2022年7月号


6月上旬にとても寒い日々が続いてしまい、わが家では畑に植えたばかりのキュウリの苗が 枯れてしまいました。替わりの苗を手に入れようと街の種苗店へと行くと、家庭菜園をされている方は みなさん同じ状況で、キュウリ苗の植え直しです。

近くの町では雹が降り、農作物に大被害が出たようです。自然の力には到底かないませんが、 基本的には豊かな実りも与えてくれますので、たとえ困難な状況があったとしても、 それでも上手く付き合っていくしかありませんね。

さて、土と木とで取り扱っている手仕事雑貨は「珈琲との相性がいいもの」をコンセプトに セレクトしているのですが、本もまさに「珈琲と相性のいいもの」として、と言うよりも 本のない珈琲豆屋なんて考えられず、以前から実店舗で販売していました。

つい最近ご縁があって、十勝エリアを中心に活動されている 移動本屋「月のうらがわ書店」さんと出会いました。

店主さんの選書がとても素晴らしく好きだったので、土と木との本棚を一新し、 「土と木と月と - Selected by 月のうらがわ書店」とし、こちらがテーマを決め、そのテーマに沿った本を選書して頂き、期間を決めて店で販売することになりました。

一回目のテーマは「珈琲を飲みながら読みたい月や星のはなし」

7月からのスタートにピッタリなテーマで、選書もまた素晴らしいものになりました。 その本はインスタでもご紹介しようと思っております。

また通販も可能ですので、気になるものがありましたらインスタのDMか店のメールで お問い合わせください。

最後に、先日ある方から頂いた心温まるメールの一文を紹介させていただきます。

今のこんな世の中、何ひとつホットすることがありませんが、唯一、本をよんでいる途中で飲む コーヒータイムが楽しみです。本の中の世界はまだ以前のまともな世の中が広がっており、その感覚を取り戻すことができます。本にすがっている日々です。