・オンラインストア
・珈琲豆の定期便
・土と木ととは
・お店について
・原材料など
・インスタグラム
・お問合わせ
・珈琲を淹れよう
・冷珈琲を淹れよう
・土と木と便り
土と木と便り


2024年5月号


4月12日、土と木とは1年3か月の休業期間を経てようやく再オープンしました。

思えば、昨年初めの休業当初は3か月ほどで再開できるだろうと見込んでいましたが、やはり素人2人によるDIYで家をフルリノベーションしてお店を作るとなれば、どうしても時間がかかってしまい1年3か月もの長期休業となってしまいました。

ですが、この期間も変わらずに当店の珈琲豆をオンラインストアでお買い求めいただいた皆様、珈琲豆の定期便をご利用の皆様には本当に力強く支えていただきました。皆様に直接お会いする機会はなかなかないのですが、珈琲豆を焙煎して発送するごとに、その向こう側には皆様の存在をいつも感じておりましたので休業期間が長引いてしまっても、とても心強かったです。本当にありがとうございました。

土と木とらしい居心地の良い空間とリネンのフィルターで1杯ずつ淹れる珈琲、当店が自然栽培した黒豆茶、そしてほんの少しですが手作りの焼き菓子も用意しております。遠く離れた町ではありますが、いつの日かもし機会がございましたらどうぞお越しくださいませ。

再オープンから半月ほど経過しましたが、そもそも家の1階部分をセルフリノベーションして作ったお店なので、作っている最中は「自分たちにとって寛げる空間にしよう」と考えていましたが、いざオープンして以前と変わらずに珈琲豆を買いに来てくださる方や、ゆっくり珈琲を飲んでいただいている方の姿を見て「この空間が来てくれた人にとって、いつもの珈琲豆があるいつもの豆屋として、時にはちょっと1杯珈琲を飲んでホッとできる場所になればいいな」と思うようになりました。手間ひまを掛けて作ったこの空間はすでに私たちの手から離れ、来た方が思い思いに楽しむための場所となっています。

2020年から始まった自宅のリノベ、焙煎小屋のセルフビルドなど、ここ数年間はずっと自分たちで何かを作ってきましたが、ここでひと段落し、いつもの工具や塗料は納屋へとしまい、ようやく地に足を付けることが出来ました。これからはこの場所での暮らしを楽しみながら、皆様には変わらず煎りたての珈琲豆をお届けしていきますので、今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。